〒246-0021 神奈川県横浜市瀬谷区二ツ橋町489-45
  • 特大
  • 大
  • 標準

施設紹介

施設の目的と事業計画

現在、横浜市では、「中期4か年計画」「将来にわたるあんしん施策」の取り組みのひとつとして、福祉と医療を一体的に提供できる多機能型拠点を市内6か所に整備する計画を進めています。これまでに、市内1館目となる「郷」が平成24年10月、栄区に、市内2館目となる「つづきの家」が平成25年10月、都筑区にそれぞれ設立されました。

このたび、市内3館目となる多機能型拠点が瀬谷区内に整備されることになり、その設置・運営を当法人が担当することになりました。医療ケアを必要とする重症心身障がい児者とそのご家族が身近な地域で安心して生活できるよう支援を行ってまいります。

所在地
横浜市瀬谷区二ツ橋町489-45
施設規模
地上2階建、延床面積:約1,399㎡
設置・運営法人
社会福祉法人 横浜市社会事業協会
ご利用対象者
・主に横浜市西部方面(瀬谷区・旭区・泉区)にお住まいの重症心身障がい児者とそのご家族が対象となります。
・身体障害者手帳1級または2級と愛の手帳A1またはA2を併せ持った方。
・経管栄養、人工呼吸器、酸素など、医療ケアのある方。

こまちの由来

医療ケアや障がいのある方々が住み慣れた地域の中で心豊かな生活を実現するため、福祉・医療の連携拠点としての役割を果たしたい。ご利用者を中心に、ご家族・学校・医療機関・福祉施設・地域の方々との日々の生活の中での繋がりや関わりを大切にしていきたい。この2つの想いから『ちいさな医療・福祉のまちづくり』をイメージし、『こまち』と名付けました。私たちの願いは、ちいさなまちづくりから始まった『こまち』がさらに発展し、繋がり、広がっていくことです。

アクセス

公共交通機関

  • 相鉄線 三ツ境駅から徒歩 約10分
  • 中丸バス停(相鉄・神奈中)より徒歩 約4分

お車

相鉄線沿い、大和方面に約500mで中原街道(丸子橋・中山・茅ヶ崎)の 立体交差があります。直進車線を約50m進み、二つ目の道路を左側に曲がります。
『せやまる・ふれあい館』を越えたすぐの左側になります。

地図

施設

地域交流室
【地域交流室】 屋上
【屋上】
ご案内
【ご案内】
靴箱
【靴箱】
施設
施設
施設
施設
施設
施設

案内図

案内図
訪問看護ステーションなごみ