〒246-0021 神奈川県横浜市瀬谷区二ツ橋町489-45
  • 特大
  • 大
  • 標準

リハビリテーション

訪問看護

訪問リハビリテーション

主に重症心身障がい児者のリハビリテーションとして身体機能・生活能力・コミュニケーション能力等を高めるため、安全・安楽な姿勢保持・身体の柔軟体操・呼吸リハビリ(楽な呼吸にする)を主に実施していきます。また、ご自宅でできるリハビリのご相談やアドバイス等も行っていきます。就学前の乳幼児には、特に成長・発達援助の視点からアプローチしていきます。

通所事業におけるリハビリテーション

日常生活および日中活動内でできる身体を動かすケアや呼吸ケア・摂食リハビリテーション等、リハビリスタッフの専門性に応じ、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士等がバランスよく関わり、ご利用者の身体機能の維持を図ります。また、心地よい介助が受けられるよう、リハビリスタッフ・看護師・支援員等が協働して取り組んでいきます。

リハビリテーションの内容

安全・安楽な姿勢

長時間、同一の体位を取ることで、次第に身体が固くなったり、変形により、肺や消化に悪影響を及ぼすおそれがあります。そのため、様々な姿勢をバランスよく取ることが大切です。主な姿勢としては、仰向け・横向き・うつ伏せ・座位などです。安全・安楽な姿勢をつくる方法をリハビリスタッフで検討し、取り組みます。

身体の柔軟体操

身体をほぐしたり、腕や脚の曲げ伸ばしをしないと身体は固く、変形し、衣服の着脱やトランス(移乗)もしづらくなります。身体全体を動かすことを毎日の生活の中で意識し、続けることで、日常生活の中での様々な動作をより楽に行うことができます。快適な日常生活のために、訪問リハビリテーションおよびデイサービス利用中の様々な場面でも実施していきます。

呼吸リハビリ ~楽な呼吸ができるようにする~

胸郭の柔軟性を出すことで、楽な呼吸ができるようにするリハビリテーションになります。
肺に溜まりやすい痰をきちんと排出することで、呼吸状態は安定し、誤嚥性肺炎も予防できます。
楽な呼吸を保つためには、「同じ姿勢を長く取らない」ことが重要です。横向きやうつ伏せ等、こまめに体位を変え、のど元に痰があがってくるようにすることが大切です。このような姿勢の管理や呼吸の介助、リラクゼーションを行います。

摂食・嚥下支援 ~安全にお食事できるようにする~

「お口から食べることがご本人にとっても、介助者にとっても楽しい時間になるために」という視点で支援を行っております。お食事をする際の姿勢やご利用者の咀嚼(そしゃく)・嚥下の機能、身体状況等に合わせ、総合的に評価し、安全なお食事ができるよう支援します。

各種設備

ホール
活動風景
ホール
訪問看護ステーションなごみ