• 特大
  • 大
  • 標準

横浜市多機能型拠点こまちは、医療ケアを必要とする重症心身障がい児者とそのご家族が、身近な地域で安心して生活できるように整備された市内3館目となる西部方面「多機能型拠点」です。

2017/9/1

◆法人基本理念◆

  1. 1.地域の人々に共感と信頼の得られる社会福祉事業を行うことにより、地域の人々の安心した暮らしの実現を支援します。
  2. 2.地域の関係機関と連携しながら、地域における福祉の環境づくりに貢献します。
  3. 3.堅実かつ効率的な経営につとめ、サービスの質の向上と安定的な提供を確保します。

◆行動指針◆

  1. 1.ご利用者が地域において安心して毎日楽しく、過ごせる環境を作ります。
  2. 2.個別支援を中心に医療ケアのみならず生活全体を考えたサービス提供を行います。
  3. 3.地域生活を支える在宅サービスや日中活動等の充実に取り組みます。
  4. 4.ご利用者と地域が交流できる場を作り、地域と共に成長します。
  5. 5.障がいをお持ちの皆さまが気軽に安心して相談できる診療所を目指します。

◆施設長のあいさつ◆

施設長横浜市多機能型拠点こまちの施設長を務める西田と申します。横浜市では「横浜市障害者プラン」を定め、重要かつ緊急課題として「将来にわたるあんしん施策」の取り組みの一つとして「多機能型拠点」の整備がすすめられています。多くの方々のご理解・ご支援により、市内3館目となる西部方面多機能型拠点を開設することになりました。
当事業所は、介護者のレスパイト等の短期入所及び日中一時支援や医療ケアが必要であるが送迎サービスの利用ができない方、未就学からの重症心身障がい児及び高度の医療ケアを必要とする障がい児者を対象とした福祉・医療サービスの事業所として大きな役割と責任を担ってまいります。
重症心身障がい児者等の地域での生活がより豊かになるよう専門スタッフが一丸となり、協力体制のもと取り組んでいきます。また、多機能型拠点が地域で活動を行うにあたり、福祉関係の団体と協働はもちろんのこと、地域活動に積極的に参加し、顔の見える関係づくりを行い、障がいをお持ちの方が安心して暮らすことのできる社会を目指します。

◆個人情報保護方針◆

横浜市多機能型拠点こまち(以下「事業所」という)では、「個人情報の保護に関する法律」等の法令「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取り扱いのためのガイドライン」(厚生労働省)に基づき、高い意識のもと細心の注意を払い個人情報の保護に努めてまいります。

【下記の項目について遵守いたします】

  1. 1.事業所は個人の人権尊重の理念のもと、関係法令等を遵守し、実施するあらゆる事業において個人情報を慎重に取り扱います。
  2. 2.事業所は、個人情報を適法かつ適正な方法で取得します。
  3. 3.事業所は、個人情報の利用目的を特定し、その利用目的の範囲でのみ個人情報を利用します。
  4. 4.事業所は、あらかじめ明示した範囲及び法令等の規定に基づく場合を除いて、個人情報を事前に本人の同意を得ることなく外部に提供しません。
  5. 5.事業所は、個人情報を正確な状態に保つとともに、漏えい、滅失、毀損等を防止するため、適切な措置を講じます。
  6. 6.事業所は、本人が自己の個人情報について、開示・訂正・追加・削除・利用停止を求める権利を有していることを確認し、これらの申し出があった場合には速やかに対応します。
  7. 7.事業所は、個人情報の取扱に関する苦情があった時には、委員会を設置し、適切かつ速やかに対応します。
  8. 8.事業所は、個人情報を保護するために適切な管理体制を講じるとともに、常に役職員の個人情報保護に関する意識啓発に努めます。
  9. 9.事業所は、この方針を実行するため、個人情報保護規定を定め、これを職員に周知徹底し、確実に実施します。
訪問看護ステーションなごみ なごみクリニック

社会福祉法人 横浜市社会事業協会
横浜市多機能型拠点こまち

〒246-0021
神奈川県横浜市瀬谷区二ツ橋町489-45

スマートフォン専用サイト